お役立ち情報

DR300ポケット残留塩素計 検量線入力操作

DR300 ポケット残留塩素計には、検量線があらかじめ入力されています。
遊離塩素試薬、または全塩素試薬を使用し発色させ、そのまま使用できます。

さらに、ご自分で調整および値付けした標準液を使用し、検量線を入力することも可能です。

操作資料

Get Adobe Reader

PDF 形式のファイルを参照するには、Adobe Reader が必要です。
右のボタンから、ダウンロードページにアクセスすると、無料で入手することが出来ます。

PAGE TOP